HOME

KUMBLレター

2020.10.19

10月28日開催「New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ」

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。


[プログラム] 
10:30-10:43 開会挨拶、主旨及びアジェンダの説明
鈴木 忍 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 教授
10:43-10:55 コロナウイルス感染症と医学部学生の臨床実習をどうするか
山本 憲 先生 医学教育・国際化推進センター 講師
10:55-11:07 ウィズコロナ時代における看護教育の課題-臨床実習で求められてきたことはなにか
平 和也   先生 京都大学大学院医学研究科 助教
鳥井 美江 先生 京都大学大学院医学研究科 助教
11:07-11:22 Cyber-Physical Co-Coaching:熟練技能の伝承支援システム
椹木 哲夫 先生  京都大学大学院工学研究科 教授
11:22-11:52 パネルディスカッション
椹木 哲夫 先生  京都大学大学院工学研究科 教授
山本 豪志朗先生 京都大学医学部附属病院 特定准教授
近藤 祥子 先生 京都大学大学院医学研究科 講師
11:52-12:00 閉会挨拶
鈴木 忍 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 教授



[申し込み] 下記、URLよりお申込み下さい。
(事前登録制 / 参加締切日:2020年10月27日)
 https://forms.gle/uKV9H49MGwYCnWSM8
  ❖ZOOMウェビナー配信数に限りがあるため、先着順で受け付けます。
   応募総数次第でお断りさせていただく場合があることをあらかじめご了承ください。
  ❖フリーアドレスからの登録はご遠慮ください。


お申込みはこちらのQRコードからお願いいたします。