HOME

機構長挨拶

「医学領域」産学連携推進機構:新しいステージへ

京都大学医学研究科には、基礎医学・臨床医学の研究分野での優れた研究能力と実績を有する研究者が結集し、卓越した医学研究拠点として国際的にも高い評価を受けてきています。

本研究科の重要なミッションのひとつは、その研究の成果を広く社会に還元し多くの疾病の克服につなげることによって、国民の健康と福祉の向上に貢献することにあります。この使命の達成に向けて本研究科では、2002年に社団法人芝蘭会の協力を得て産学連携オフィスを設立、その後2004年の国立大学法人化を機にこれをさらに発展させ、京都大学産官学連携本部と協調して「医学領域」産学連携推進機構を組織し、今日まで積極的な産学連携活動を推進してきました。その活動は、MTA契約・技術移転などのリエゾン活動、事業化を支援するインキュベーション活動、知財の管理と教育など非常に広汎にわたり、アカデミアとしては我が国でも最も先進的な産学連携活動を展開してきたと自負しています。

この間本研究科では、産官学共同による創薬や医療機器開発の大型プロジェクト(京大 ― アステラス、京大 ― キャノン)拠点の形成をはじめ、医学研究科メディカル・イノベーション・センター(MIC)の下でいくつもの民間との協働による大型創薬拠点(京大 ― 武田、京大 ― 大日本住友、京大 ― 田辺三菱)をたちあげてきました。これらの協働研究は、各々特定の疾患を対象とした創薬開発研究を、文字通り大学と企業の研究者が equal partnership によって大学を拠点として推進するという、従来のものとは異なる全く新しいスタイルの画期的な共同研究です。この京大方式の産学連携研究は、今後さらに拡大発展するものと考えています。

このような新しい展開の中で、「医学領域」産学連携推進機構の意義はますます大きなものになってきており、とりわけ多くの協働研究プロジェクトを統合し運営するMICとの連携は重要です。

これに対応して同機構では、従来の組織に加え、メディカルイノベーション推進室を設置、これまで以上に直接的に産学連携研究推進と支援に関わって行くことができる体制に整えました。

「医学領域」産学連携推進機構の新しいステージの始まりです。産官学連携本部との連携を保ちながら、京都大学医学研究科の重要な使命の達成に向けてより一層努力していく所存ですので、関係各位のご協力を心からお願いいたします。