HOME

KUMBLレター

2021.10.29

京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム ~研究から社会実装への課題と打開の可能性~

【日時】 
シンポジウム2021年11月25日(木)13:00~17:00
ポスタービューイングセッション11月22日(月)~11月26日(金)
【形式】 
Zoomウェビナー形式ライブ配信およびONLINE CONF(オンラインカンファレンスシステム)
【参加費】 
無料(事前登録制)

昨今、人工知能、IoT、リアルワールドデータ解析、xRなど最新のデジタル技術を活用し、医療やヘルスケアの課題を解決するデジタルヘルス領域のイノベーションが加速しています。そこで、バイエル薬品株式会社と京都大学オープンイノベーション機構は、京都大学におけるデジタルヘルス領域の研究を活性化する目的で、2019年度に研究助成公募を行い、2020年度は「京大をデジタルヘルスのメッカにしよう-デジタルヘルス研究助成報告ウェビナー」を開催してまいりました。

本年度は、デジタルヘルス領域における産学連携の更なる推進に向け、「京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム ~研究から社会実装への課題と打開の可能性~」と題し、シンポジウムとポスタービューイングを組み合わせたイベントを開催いたします。ポスタービューイングでは、学内研究者の皆様を対象に本イベントのポスター発表者を募集させて頂き、多くの方にご応募頂きましたので、京都大学における最新の知見共有を目的に、①RWD/RWE、②オンライン診療、③リモートモニタリング、④デジタル治療・診断支援ツール、⑤xR応用の5つのカテゴリで、研究者の研究内容を紹介します。

このたびシンポジウムの登壇者等の詳細が決まりましたので、あらためて聴講登録のご案内をいたします。
以下リンクよりオンライン学会システムONLINE CONFにアクセス頂き、「新規登録はこちら」より聴講登録をお願いいたします。
(なお、本イベントは全てONLINE CONF上にて行います。シンポジウムZoomウェビナーのリンクもONLINE CONF上に掲載いたします。)

ご聴講登録はこちら:https://g4aku.gakkai.online/
※ウェビナー配信数に限りがあるため、応募総数次第でお断りさせていただく場合があることをあらかじめご了承ください。
※フリーアドレスからの登録はご遠慮ください。

【シンポジウムプログラム】
13:00 オープニング
13:15 講演者プレゼンテーション
 デジタルヘルスの産学連携エコシステム(KUDHA)
庄境 誠 京都大学オープンイノベーション機構 統括クリエイティブ・マネージャー
 ベンチャー企業と取り組む婦人科がん患者のQOL向上を目指したデジタルヘルス研究と社会実装
山口 建 京都大学大学院医学研究科 婦人科学・産科学 講師
 「触れる」VR教材開発プロジェクト~医学部学生の臨床現場での学びを守るために
山本 憲 京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター 講師
 医療DXを育む京大病院の戦略
黒田 知宏 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授
 製薬企業としてのデジタルヘルスの取り組みとコラボレーション事例
遅 天華 バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター デジタルイノベーションマネージャー
14:50 パネルディスカッション & Live QA:研究シーズの社会実装に向けた現状と課題
 庄境 誠 京都大学オープンイノベーション機構 統括クリエイティブ・マネージャー
 山本 豪志朗 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 准教授
 山口 建 京都大学大学院医学研究科 婦人科学・産科学 講師
 山本 憲 京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター 講師
 高橋 俊一 バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター センター長
15:30 ライブポスタービューイング
16:45 ポスター賞発表・クロージング
※イベント詳細はホームページ上にて随時ご案内差し上げます。
※内容・登壇者は予告なく変更する場合がございますので予めご了承ください。

【共催】
京都大学オープンイノベーション機構
京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
関西広域医療データ人材教育拠点形成事業(KUEP-DHI)
バイエル薬品株式会社

【本イベントに関するお問い合わせ】
京都大学オープンイノベーション機構事務局
Email:oi-dh@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

「G4A Tokyo」は、デジタルヘルス領域における取り組みを支援する、バイエル薬品のオープンイノベーションプログラムです。これまでに7回開催し、多くの企業にご参加頂きました。
プログラムの詳細および過去の取り組みはこちら:https://www.g4atokyo.jp/