HOME

外観
外観
外観

医学領域における知的財産の発掘・集積から活用まで、
産学連携を通しメディカルイノベーションの促進を支援します

メディカルイノベーション
推進室
組織間の包括的産学連携を推進
インキュベーション推進室
有望な研究成果を選定し
その産学連携活動を通じて実用化
産学連携推進室
共同研究、MTA、技術移転
についてサポート
【開催案内】ウェビナー
『Drug Discovery Beyond Borders:産学連携におけるDDS研究の最前線』

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(以下、NBI)は京都大学構内にベーリンガーインゲルハイム・ハブを2016年より開設し、産学の連携強化や人材育成などを目的とした数々の啓発活動を京都大学と連携して行ってきました。
今般、NBIは京都大学における創薬研究の拡大や創薬を目指した起業を含む研究の社会実装をさらに支援すべく、現在製薬業界において注目度の高いDrug Delivery System (以下、DDS)研究に焦点を当てたシンポジウムを開催いたします。
演者紹介:
秋吉 一成 先生
京都大学大学院工学研究科 高分子化学専攻 生体機能高分子研究室 教授
演題:バイオ医薬品DDSナノキャリア開発の最前線

山下 富義 先生
京都大学大学院薬学研究科 実践臨床薬学分野、薬品動態制御学分野 教授
演題:横断的創薬モダリティー技術としての標的指向化DDS

和田 耕一 先生
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 神戸医薬研究所 所長
演題:ベーリンガーインゲルハイムの創薬戦略と革新的DDS技術への期待


【開催案内】『新時代のキャリア形成相談会』

この度MIPでは、将来への様々な不安や悩みを抱える学生さん、若手研究者の皆さまを対象として『新時代のキャリア形成相談会』を開催いたします。多岐に渡る進路選択のポイントを多様な経歴を有する講師陣にご講演いただくことで、皆様のキャリアを考える機会としていただければと思います。
さらに講演者との個別相談(少人数でのグループ・ミーティング)も開催いたします。
今後の進路に不安を抱えておられる学生/若手研究者の皆さまはぜひともお気軽にご参加いただければ幸いです。
お時間が合わない方にはアーカイブ配信いたします。ぜひご登録ください。
【開催日時】 2022 年6月21日(火)
第1部(セミナー)13:00~14:45(登録者にはアーカイブ配信あり)
第2部(個別相談会)15:00~16:30

【開催場所】   第1部:MIC棟1階セミナー室(Zoom併用)
  オンサイト参加は先着15名程度とする。
第2部:申込者に個別に案内します。


【12/4開催】医薬学×生物物理 異分野交流セミナー開催のご案内

メディカルイノベーション大学院プログラム(MiP)と生物物理若手の会関西支部の共催で、「医薬学×生物物理 異分野交流セミナー」と題したセミナーを開催いたします。

開催概要
日時:2021年12月4日(土)13:00~16:30(17:45ごろまでセミナー後交流会を予定)
形式:Zoomウェビナー形式 ライブ配信(無料)
発表言語:日本語
参加登録:事前の申し込みをよろしくお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/1kWqvA8Dm4DPC3H1aANsK9lwqCrMw0d3KfW8xlwMtorY/viewform?edit_requested=true

申込期限:12月3日

受付後、当日までにZoomウェビナーの招待URLと当日資料をメールにてお送りいたします。

〈対象〉メディカルイノベーション大学院プログラム履修生をはじめ、本セミナーに興味のある修士・博士課程の大学院生


研究助成公募『Drug Discovery Beyond Borders
筋肉・骨・軟骨の難治性疾患の創薬への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けよう』

研究助成公募
『Drug Discovery Beyond Borders
筋肉・骨・軟骨の難治性疾患の創薬への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けよう』  
========================================= 
共催 京都大学オープンイノベーション機構
共催 京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)
共催 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
=========================================


『Drug Discovery Beyond Borders: Intractable Diseases related to Muscle, Bone and Cartilage』

【タイトル】 『Drug Discovery Beyond Borders: Intractable Diseases related to Muscle, Bone and Cartilage』
(See English information ⇒
https://drive.google.com/file/d/1squNh8ccIUQ0RHzUjv3zpw74HbHJRTfj/view?usp=sharing
【日時】 2021年11月9日18:00~20:00
【形式】 Zoomウェビナー形式 ライブ配信(無料、事前登録制)
【発表言語】 英語

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(NBI)は京都大学構内にベーリンガーインゲルハイム・ハブを2016年より開設し、産学の連携強化や人材育成などを目的とした数々の啓発活動を京都大学大学院「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)と連携して行ってきました。今般、NBIとKUMBLは京都大学における創薬研究の拡大や創薬を目指した起業を含む研究の社会実装をさらに支援すべく、最先端の難治性疾患(筋肉・骨・軟骨)の創薬研究に焦点をあてたサイエンティフィック・セミナーを実施いたします。

本セミナーでは、京都大学で最先端の研究を展開されている2名の講師からご講演をいただき、また、ベーリンガーインゲルハイムからは本領域における創薬研究の現状や期待、課題などをお話いただきます。 この度の試みが、今後、京都大学における本分野の研究のさらなる発展と、その医療応用を目的とした事業会社とのパートナーリングや起業活動の促進といった社会実装に向けた活動に繋がることを心から期待しています。また、シンポジウムの最後にはこの分野での学内研究助成の告知もございますのでどうぞご期待ください。


『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and Fibrosis』

【タイトル】 『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and
(See English information ⇒https://drive.google.com/file/d/16vEQFFK2q9OkuolHBgnuFoBDcfSP_9I7/view?usp=sharing) 
【日時】 2021年5月18日(火)16:00~18:00
【形式】 Zoomウェビナー形式 ライブ配信(無料、事前登録制)
【発表言語】 英語

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(NBI)は京都大学構内にベーリンガーインゲルハイム・ハブを2016年より開設し、産学の連携強化や人材育成などを目的とした数々の啓発活動を京都大学大学院「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)と連携して行ってきました。今般、NBIとKUMBLは京都大学における創薬研究の拡大や創薬を目指した起業を含む研究の社会実装をさらに支援すべく、最先端の免疫老化・線維化研究に焦点をあてたサイエンティフィック・セミナーを実施いたします。

本セミナーでは、京都大学で最先端の研究を展開されている2名の講師からご講演をいただき、また、ベーリンガーインゲルハイムグローバルからは本領域における創薬研究の現状や期待、課題などをお話いただきます。 この度の試みが、今後、京都大学における本分野の研究のさらなる発展と、その医療応用を目的とした事業会社とのパートナーリングや起業活動の促進といった社会実装に向けた活動に繋がることを心から期待しています。

【講演者】
京都大学大学院医学研究科 分子生体統御学講座 医化学分野  
教授 竹内 理 先生

Prof. Matthew Thomas
Head of I&RDR Germany, Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co.KG,
Prof. of Pharmacology, Bath University)

京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学
京都大学医学部附属病院 腎臓内科
教授 柳田 素子 先生


(2月10日16時開催)オンラインシンポジウム開催のお知らせ『第2回 New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。
第2回目となるこの度のワークショップでは、本活動を活性化するための拠点立ち上げと、アカデミア・企業の現在の取組みについての発表に加え、
ポスターセッションによる双方向の議論の場を提供し、教育現場・臨床現場のニーズをシーズや技術を有する企業に共有します。

対象は狭義のVRに拘らず、様々な情報伝達メディア技術に関するもの全般です。
本分野に関心をお持ちの教職員の方々、学生の皆様、情報伝達メディア関連企業の皆様からのご発表・ご聴講をお待ちしております。


応募期間の延長(1月5日まで)【学内限定】研究助成公募『エクソソームの医療応用への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けるために』  

『エクソソームの医療応用への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けるために』  
========================================= 
共催 京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)
共催 京都大学オープンイノベーション機構
共催 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社


【成果報告】オンラインシンポジウム
『New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

【成果報告】オンラインシンポジウム
『New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』


すべて見る
京都大学「医学領域」産学連携推進機構
KUMBL (Kyoto University Medical Science and Business Liaison Organization)

〒606-8507
京都市左京区聖護院川原町53
メディカルイノベーションセンター2F
Tel 075-751-0909(代表)