HOME

KUMBLレター

2021.09.24

【イベント】「京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム ~研究から社会実装への課題と打開の可能性~」

【日時】 シンポジウム2021年11月25日(木)13:00~17:00、ポスタービューイングセッション11月22日(月)~11月26日(金)
【形式】 Zoomウェビナー形式ライブ配信およびONLINE CONF(オンラインカンファレンスシステム)
【参加費】 無料(事前登録制)

昨今、人工知能、IoT、リアルワールドデータ解析、xRなど最新のデジタル技術を活用し、医療やヘルスケアの課題を解決するデジタルヘルス領域のイノベーションが加速しています。バイエル薬品株式会社と京都大学オープンイノベーション機構は、京都大学におけるデジタルヘルス領域の研究を活性化する目的で、2019年度に京都大学内限定の研究助成公募を行い、2020年度は「京大をデジタルヘルスのメッカにしよう-デジタルヘルス研究助成報告ウェビナー」を開催してまいりました。

また、バイエル薬品はデジタルヘルス領域における取り組みを支援する「G4A Tokyo」というオープンイノベーションプログラムをこれまでに7回開催し、多くの企業にご参加頂いております(プログラムの詳細および過去の取り組みはこちら:https://www.g4atokyo.jp/)。

本年度は、デジタルヘルス領域における産学連携の更なる推進に向け、「京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム ~研究から社会実装への課題と打開の可能性~」と題し、シンポジウムとポスタービューイングを組み合わせたイベントを開催いたします。ポスタービューイングでは、京都大学における最新の知見共有を目的に、①RWD/RWE、②オンライン診療、③リモートモニタリング、④デジタル治療・診断支援ツール、⑤xR技術の5つのカテゴリで、研究者の研究内容を紹介します。京都大学の研究者による研究をポスターで広く紹介していただくことにより、興味をもたれた企業様とのパートナリングや研究者間でのノウハウの共有など、学術の発展や社会実装に向けた活動に繋がることを期待しています。

学内研究者の皆様には、本イベントのポスター発表者を募集いたしますので、以下リンク先より発表希望をご登録頂けますと幸いです。登録頂けましたら、募集要項を事務局より送付差し上げます。また、ご聴講のみ希望される皆さんも、以下リンク先よりご登録をお願いいたします。デジタルヘルスの事業化にご興味のある企業様や、本研究分野に関心をお持ちの京都大学内外のアカデミア研究者の皆様のご聴講をお待ちしております。

ポスター発表希望登録および聴講登録はこちら:https://forms.gle/s5zkWFKzaNvk6aPC9
ポスター発表希望 受付締切日 10月4日(月)
※ウェビナー配信数に限りがあるため、応募総数次第でお断りさせていただく場合があることをあらかじめご了承ください。
※フリーアドレスからの登録はご遠慮ください。

【シンポジウムプログラム】
13:00 オープニング
13:05 講演者プレゼンテーション
アカデミア講演:京都大学におけるデジタルヘルスの研究と社会実装に向けた取り組み
企業講演:製薬企業としてのデジタルヘルスの取り組みとコラボレーション事例
14:45 パネルディスカッション & Live QA:研究シーズの社会実装に向けた現状と課題
15:30 ライブポスタービューイング
16:45 ポスター賞発表・クロージング
※イベント詳細はホームページ上にて随時ご案内差し上げます。

【共催】
京都大学オープンイノベーション機構
京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
バイエル薬品株式会社

【本イベントに関するお問い合わせ】
京都大学オープンイノベーション機構事務局
Email:oi-dh@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp