HOME

KUMBLレター

2021.01.07

(2月10日16時開催)オンラインシンポジウム開催のお知らせ『第2回 New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。
第2回目となるこの度のワークショップでは、本活動を活性化するための拠点立ち上げと、アカデミア・企業の現在の取組みについての発表に加え、
ポスターセッションによる双方向の議論の場を提供し、教育現場・臨床現場のニーズをシーズや技術を有する企業に共有します。

対象は狭義のVRに拘らず、様々な情報伝達メディア技術に関するもの全般です。
本分野に関心をお持ちの教職員の方々、学生の皆様、情報伝達メディア関連企業の皆様からのご発表・ご聴講をお待ちしております。


日時:2021年2月10日(水)16:00-19:00
場所:オンライン(無料)
参加ご希望の方は事前申込をお願いいたします。
(発表登録 2月1日〆切、聴講登録 2月9日〆切)

ポスターセッションの資料登録につきましては、発表登録をいただいた方に個別でご案内申し上げます。
詳細は添付のポスターよりご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[プログラム]
第1部(16時~17時):オーラルセッション
16:00~16:05
開会挨拶、ワークショップの目標・目的の説明およびワークショップの流れについて概説
(鈴木 忍 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 特定教授)

16:05~16:20
 インテリジェント医療メディア教育研究拠点について
(山本 豪志朗 先生 医学部附属病院 特定准教授)

16:20~16:35
 VRによる臨床実習補助教材に関する医学研究科での取り組みに関する進捗
(山本 憲 先生 医学教育・国際化推進センター 講師)

16:35~16:50
 企業からのシーズ紹介、活動紹介
 ・VR,AR,AIを始めとする情報電卓メディア研究の現状と最新の知見
 ・教育現場の課題解決に向けた所見について

16:50~17:00
 アグリスマイルの紹介及びオンライン学会システムの説明
(株式会社 AGRI SMILE)

第2部(17時~19時):ポスターセッション
・医学研究科を始め教育現場・臨床現場において情報伝達メディアへの需要を持つ教職員
・情報伝達メディア関連の研究をしている研究者
・情報伝達メディア関連企業
からのご発表をお待ちしております。

[申し込み] 下記、URLよりお申込み下さい。
(発表登録 2月1日〆切、聴講登録 2月9日〆切)

 https://forms.gle/Yg6yhAgxN7ygh9ic9
 ❖フリーアドレスからの登録はご遠慮ください。


[本オンラインシンポジウムに関するお問合せ]
「医学領域」産学連携推進機構 事務局
TEL:075-366-7429
Email:application@kumbl.med.kyoto-u.ac.jp

 ※テレワークで離席している場合もあります。できましたらメールでのお問合せをお願いします。