HOME

KUMBLレター

2011.09.15

産学連携セミナー2011
「大学研究における生物多様性条約 〜 あなたの国際共同研究、MTA、特許は大丈夫ですか? 〜 」

近年、大学、特にライフサイエンス分野において、国際共同研究やMTAを通じて、微生物、細胞、動植物等、海外の遺伝資源を利用した研究が盛んに行われております。そのため、大学研究者は、国際ルールに従った形でこれらの遺伝資源を利用し、事後のトラブルを防ぐ必要があります。

遺伝資源の利用に関する国際ルールとして、昨年、生物多様性条約 名古屋議定書が採択され、遺伝資源の入手方法やそこから生じる利益配分について、その理解と対応が必要となってまいりました。

そこで、本セミナーでは、大学研究者、産学連携担当者を対象に、生物多様性条約の概要をご説明した後、大学において遺伝資源を利用する際の課題、留意点等について、実例を挙げつつご紹介いたします。


【日時】 平成23年10月21日(金)14:00〜16:40(開場:13:30)

【場所】 芝蘭会館本館 稲盛ホール(京都大学医学部構内)
 ※地図 http://office.med.kyoto-u.ac.jp/siran/kotsu.htm

【共催】 一般財団法人バイオインダストリー協会
 京都大学「医学領域」産学連携推進機構
 一般社団法人芝蘭会
 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 知的財産経営学分野