HOME

KUMBLレター

2021.04.26

『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and Fibrosis』

【タイトル】 『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and Fibrosis (仮)』  
【日時】 2021年5月18日(火)16:00~18:00
【形式】 Zoomウェビナー形式 ライブ配信(無料、事前登録制)
【発表言語】 英語

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(NBI)は京都大学構内にベーリンガーインゲルハイム・ハブを2016年より開設し、産学の連携強化や人材育成などを目的とした数々の啓発活動を京都大学大学院「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)と連携して行ってきました。今般、NBIとKUMBLは京都大学における創薬研究の拡大や創薬を目指した起業を含む研究の社会実装をさらに支援すべく、最先端の免疫老化・線維化研究に焦点をあてたサイエンティフィック・セミナーを実施いたします。

本セミナーでは、京都大学で最先端の研究を展開されている2名の講師からご講演をいただき、また、ベーリンガーインゲルハイムグローバルからは本領域における創薬研究の現状や期待、課題などをお話いただきます。 この度の試みが、今後、京都大学における本分野の研究のさらなる発展と、その医療応用を目的とした事業会社とのパートナーリングや起業活動の促進といった社会実装に向けた活動に繋がることを心から期待しています。

【講演者】
京都大学大学院医学研究科 分子生体統御学講座 医化学分野  
教授 竹内 理 先生

Prof. Matthew Thomas
Head of I&RDR Germany, Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co.KG,
Prof. of Pharmacology, Bath University)

京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学
京都大学医学部附属病院 腎臓内科
教授 柳田 素子 先生

詳しく見る
2021.04.02

『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and Fibrosis』

【タイトル】 『Drug Discovery Beyond Borders: Immunosenescence and
(See English information ⇒https://drive.google.com/file/d/16vEQFFK2q9OkuolHBgnuFoBDcfSP_9I7/view?usp=sharing) 
【日時】 2021年5月18日(火)16:00~18:00
【形式】 Zoomウェビナー形式 ライブ配信(無料、事前登録制)
【発表言語】 英語

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(NBI)は京都大学構内にベーリンガーインゲルハイム・ハブを2016年より開設し、産学の連携強化や人材育成などを目的とした数々の啓発活動を京都大学大学院「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)と連携して行ってきました。今般、NBIとKUMBLは京都大学における創薬研究の拡大や創薬を目指した起業を含む研究の社会実装をさらに支援すべく、最先端の免疫老化・線維化研究に焦点をあてたサイエンティフィック・セミナーを実施いたします。

本セミナーでは、京都大学で最先端の研究を展開されている2名の講師からご講演をいただき、また、ベーリンガーインゲルハイムグローバルからは本領域における創薬研究の現状や期待、課題などをお話いただきます。 この度の試みが、今後、京都大学における本分野の研究のさらなる発展と、その医療応用を目的とした事業会社とのパートナーリングや起業活動の促進といった社会実装に向けた活動に繋がることを心から期待しています。

【講演者】
京都大学大学院医学研究科 分子生体統御学講座 医化学分野  
教授 竹内 理 先生

Prof. Matthew Thomas
Head of I&RDR Germany, Boehringer Ingelheim Pharma GmbH & Co.KG,
Prof. of Pharmacology, Bath University)

京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学
京都大学医学部附属病院 腎臓内科
教授 柳田 素子 先生

詳しく見る
2020.10.19

10月28日開催「New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ」

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。

詳しく見る
2021.01.07

(2月10日16時開催)オンラインシンポジウム開催のお知らせ『第2回 New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。
第2回目となるこの度のワークショップでは、本活動を活性化するための拠点立ち上げと、アカデミア・企業の現在の取組みについての発表に加え、
ポスターセッションによる双方向の議論の場を提供し、教育現場・臨床現場のニーズをシーズや技術を有する企業に共有します。

対象は狭義のVRに拘らず、様々な情報伝達メディア技術に関するもの全般です。
本分野に関心をお持ちの教職員の方々、学生の皆様、情報伝達メディア関連企業の皆様からのご発表・ご聴講をお待ちしております。

詳しく見る
2020.12.01

【成果報告】オンラインシンポジウム
『New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

【成果報告】オンラインシンポジウム
『New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

詳しく見る
2020.12.17

応募期間の延長(1月5日まで)【学内限定】研究助成公募『エクソソームの医療応用への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けるために』  

『エクソソームの医療応用への挑戦:新たな治療薬を患者さんへ届けるために』  
========================================= 
共催 京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)
共催 京都大学オープンイノベーション機構
共催 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

詳しく見る
2021.01.07

(2月10日16時開催)オンラインシンポジウム開催のお知らせ『第2回 New Normalでの教育の実情と課題、VR教育を含む今後の展望について考えるワークショップ』

京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)は表題のオンラインシンポジウムを開催いたします。

昨今のCovid-19の世界的な蔓延によりリモート学修が進められる中で、十分な履修効果のある実習・演習を行うことが困難となっています。
本オンラインシンポジウムは、諸研究科が共通して抱える教育実習・演習の現状と課題およびVR,AR,AIをはじめとする情報伝達メディア研究の最新の知見を共有し、
各研究科の課題の共有・整理と集中的な取り組み、さらには新たなシステム開発のための共同研究への発展等に繋げることを目的としております。
第2回目となるこの度のワークショップでは、本活動を活性化するための拠点立ち上げと、アカデミア・企業の現在の取組みについての発表に加え、
ポスターセッションによる双方向の議論の場を提供し、教育現場・臨床現場のニーズをシーズや技術を有する企業に共有します。

対象は狭義のVRに拘らず、様々な情報伝達メディア技術に関するもの全般です。
本分野に関心をお持ちの教職員の方々、学生の皆様、情報伝達メディア関連企業の皆様からのご発表・ご聴講をお待ちしております。

詳しく見る
2018.05.28

京都大学と三菱UFJキャピタルとの学術指導契約締結のお知らせ

国立大学法人京都大学(学長:山極 壽一、所在:京都府京都市左京区、以下「京都大学」)と三菱UFJキャピタル株式会社(代表取締役社長:半田宗樹、本社:東京都中央区、以下「三菱UFJキャピタル」)は、学術指導契約を締結したのでお知らせいたします。

詳しく見る
2018.01.30

第2回KYOTO-SPARKシンポジウム
“Value of Academic Translational Research”開催のご案内

2月14日(水)に開催の第2回KYOTO-SPARKシンポジウム“Value of Academic Translational Research”をご案内いたします。

詳しく見る
2017.01.27

第1回 KYOTO-SPARK シンポジウム
“Construction of a Drug Discovery Ecosystem between Academia-Pharma”
開催のご案内

京都大学大学院医学研究科は、AMED 「創薬技術シーズの実用化に関するエコシステム構築のための調査研究事業」の一環として、産学連携による創薬エコシステムに関するシンポジウムを開催する運びとなりました。
京都大学におけるアカデミア創薬の取組みの他、Stanford大学及びCONNECT (San Diego)より、米国におけるアカデミア創薬の成功例を紹介します。
多数の方の参加をお待ちしております。

詳しく見る
1    2   3   4   5